topkango

看護職キャリアシステム構築プラン

「看護職キャリアパスの開発」は看護職の育成を目的に、平成21年度文部科学省の大学改革推進事業「看護職キャリアシステム構築プラン」で採択された5年間のプロジェクトです。

「看護キャリアシステム構築プラン」は文部科学省における大学教育の改革支援事業で、看護職を対象とした初めての事業です。近年の医師不足等に対する医療問題や看護職の役割拡大の期待への対応として、看護職の人材育成システムを確立する取り組みを支援する事業となります。

「看護職キャリアパス」は学生からエキスパートに至る看護職発達モデルに基づく一貫した看護職キャリア支援システムとして、自ら考え判断できる看護職の育成を目指すものです。

この取り組みを通じて、看護職のキャリア形成を系統的かつ効果的に支援し、知識と技術の統合による高い実践能力を備えた看護職の育成と臨床看護実践の質的向上を目指します。

平成21年度文部科学省の補助事業「看護師の人材養成システムの確立」として採択された「看護キャリアシステム構築プラン」は、看護師ひとり一人がそれぞれのワークライフバランスを大切にしながら自己のキャリア開発を進めるための支援をシステムとして構築することを目的としています。ひとり一人の看護師が参加者であり、お互いの支援者です。ぜひ、将来の自分を描きそれを実現させましょう。